天候や気温に対応するために持って行くと良いもの

現地で風邪をひかないために

沖縄旅行で天候や気温に対応するために持っていくべきものは、薄手の防水素材で出来ているパーカーです。この薄手の防水素材パーカーは、軽くて着ても荷物に感じません。また最近は収納ケースが付いている事が多く、持ち運びも便利になっています。雨が多い時期、カッパ代わりに着る事が出来るのと、日差しが出て暑くなったらケースにしまったり、日よけ代わりや紫外線対策としても利用できます。最悪は枕にもすることができるのでおすすめです。気温の変化が大きい時期に沖縄旅行に行った場合、本州と沖縄では気温が変わるため、風邪をひかないようにするためにも1つは持っておくと良いです。値段も3000円前後で購入出来て、男女ともにデザインが豊富なのも嬉しい点です。

あるとないでは違うもの

沖縄旅行に行った際に、意外とあったほうが良い物が帽子です。帽子があるとないとでは体感温度も大きく変わります。直射日光が頭に降り注ぐと熱中症になってしまう恐れもあります。いまどきの帽子は折りたたむ事が出来たり、防水素材や吸水速乾の素材で出来ている物など、ファッション性や機能性にすぐれた帽子が多く販売されています。またラッシュガードも持っていきたいアイテムの一つです。ラッシュガードは海の中でも着る事が出来るのと、くらげなどの毒物から身を守ることができます。寒い時にもはおれるのであるとないでは大違いです。それからTシャツを多めに持っていくのも大切です。着替えや海での紫外線対策にも繋がります。これらはすべて軽いので負担になることはありません。