海水浴など海を楽しむのにぴったりな時期

長く泳ぎたいなら夏場

沖縄旅行をするにあたり、長く海で泳ぐ時間を設けたいのであれば夏場に行ってみるのが最適です。緯度が低い沖縄は日差しの強さに連動して春になると昼間における海水温が急上昇します。海中を熱帯魚が動き回っている事でもわかる通り、夏場ともなると昼間だけでなく朝から晩まで海水温が高い状態が続きます。つまり夏場の沖縄は観光客で溢れ返りますが人混みを避けたいのであれば早起きして早朝にビーチに行き、空いている環境で快適に泳いだりできます。一方、夜になっても海水音が高い事を活かして一風変わった天体観測体験をできたりもします。地平線が見えるビーチは天体観測をするには最適ですが、夜になっても気温がなかなか下がらなくて暑い場合は浅瀬にて海に浸かりながら天体観測を楽しむ事も可能です。

春や秋といった季節もおすすめ

海で泳いだりマリンアクティビティを楽しむ時間は少なくてよいので、観光に多くの時間を割きたいという事であれば春や秋といった季節もおすすめです。本州のビーチにおいては春や秋に海の中に入る事はほぼ不可能ながら、沖縄であればそれができます。しかも、夏場とは違ってビーチにやってくる人の数が少ないため、人気スポットにおいても混雑していない環境の中で泳ぐ事を楽しめます。また、沖縄のエメラルドブルーの海というものは、晴れた日にしか見る事はできません。夏場の沖縄は台風が頻繁にやってくるほか急な豪雨に見舞われる日もたくさんあります。しかし、梅雨入り前の4月あたりや台風シーズンが一段落した10月・11月あたりであれば、高い確率で日光を浴びてキラキラと輝く青い海を間近で見られます。