沖縄旅行での服装

春から夏の暑い季節の服装

沖縄は湿度が高くてじめじめしています。通気性が良い素材の服を着て行くと快適に過ごせるでしょう。半袖やノースリーブを着用するといいです。女性なら通気性のいいスリットが入ったワンピースもお勧めですが、室内に入った時に冷房が効きすぎていて寒いというケースもみられます。その時の対策として、半袖の羽織れる服を用意するといいでしょう。紫外線がかなり強いですので、衣服から剥き出しの肌には必ず日焼け止めを塗って下さい。髪にも紫外線から髪を守ってくるスプレーをしたり、頭の皮膚を守るために帽子を着用したりするようにしましょう。

9月も平均気温が27℃台とまだまだ暑いので、夏用の服で大丈夫です。台風が発生して強風を伴う大雨が降ることが多く、傘が役に立たないこともあるので、レインコートを着れるように持っていくようにしましょう。

秋から冬の寒い季節の服装

沖縄がもっとも過ごしやすいのは10月から11月の秋ごろです。秋は本州でも過ごしやすい季節ですが、沖縄は肌寒さよりも暖かさを感じる気温であることが多いので、厚着しすぎないように注意しましょう。インナーは涼しい半袖を着て、アウターに薄手の長袖のパーカーやカーディガンなど、羽織れるものを持っていき、気温に合わせて調節できるようにしておきましょう。足元はサンダルだと寒いと感じるかもしれません。12月以降になると平均気温は17℃前後となります。本州と比べるとだいぶと暖かいですが、寒い時には12から13℃と冷え込む日もありますので、コートは持っていた方が安心です。

風が強いので寒く感じることが多いです。コートは分厚すぎるものは避けて、薄手の物を選びましょう。1月になるともう少し寒くなるので、インナーの枚数を増やすことをお勧めします。